DS4

新車価格帯 309万円-345万円 中古車相場 200万円-308万円
JC08モード燃費(km/L)

10・15モード燃費(km/L)

11.3

11.3〜12.9

全長×全幅×全高 4275x1810x1535
駆動方式 FFさ 乗車定員 5名
最高出力(馬力) 156〜200 排気量(cc) 1598

 

シトロエン・DS4の概要

2011年に登場したC4をベースにスポーティさを加えたクーペ。ボンネットが低くリアデッキを高くしたボディは圧倒的な存在感がある。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアがトーションビーム。専用チューンが施工されている。「シック」(156馬力、6速EGS)、「スポーツシック」(200馬力、6速MT)の2つのグレードがありエンジンは直列4気筒DOHC1.6Lツインスクロールターボ。ブレーキはフロントがベンチレーテッドディスク、リアがディスク。

 

後に「シック」は6速ATに換装される。ボディデザインの大きな特徴としてドアハンドルがリアピラーよりのウインドウ内に設置されていることや、リアサイドのウインドウがあかないこと等がある。

 

シトロエン・DS4の良い点・満足度の高い点

・スタイリングが抜群にいい。
・コーナーでぴたりと安定する乗り心地。
・段差を通過するときの柔らかさ、快適さ。
・ハンドリングが軽くて素直。
・ライトがハンドル操作に追従する機能。
・低回転から十分なトルクがありターボも自然で乗りやすい。
・社内は思ったより静か。高速でも快適。
・フロントウインドウが広い上ドライバーポイントが高いので視界が良好。
・スタイルが存在感抜群。個性のある車に乗りたい人におすすめ。

 

シトロエン・DS4の悪い点・不満な点

・EGSが走り出し、低速時に変速がギクシャクする。完成度が低い。
渋滞走行時、エンジンブレーキが強くかかる。非常に疲れる。
ギアが変わるたびに変速ショックを感じる。シフトに違和感がある。
・ブレーキに遊びの部分が少なく、いきなり効きすぎる。
ブレーキダストが多い。
・タコメーターが簡略化されて正確な回転数がわからない。
・ハンドルの遊びが少ない。
・リアサスペンションがバタバタと振動があり落ち着かない。
・UVカットガラスでは無いようで夏は日焼けする。
・左ハンドル用のワイパーのままなので雨の日は運転しにくい。
・電子制御式は故障になるとややこしいことになる。
・電動パーキングに手間がかかりすぎ。手動式にして欲しかった。
・ディーラーが少ないので点検、故障、修理、整備にも時間がかかる。サポート面も不安が残る。
・車高が高い。ラジオの受信が難しい。燃費が悪い。
・リアウインドウが開かない。
・左右のドアミラーから見える範囲が狭く、バックが少々しにくい。

・後ろの視界が狭くやや不良。
・お金と時間と手間暇をかける余裕が有れば、欠点が気にならなくなる程満足感を与えてくれる車輌かもしれない。


このページの先頭へ戻る